むつ市、一般住宅、建築、増築、改築、リフォームの村建ハウジング
むつ市村建ハウジングのこだわりむつ市村建ハウジングの展示会・イベント情報住宅建築の村建ハウジングの企業情報むつ市村建ハウジングの実績例住宅建築の村建ハウジングへお問合せ

村建ハウジング住みやすさへのこだわり

●住みやすい快適住宅は高断熱が基本

住宅を断熱すると言うことは、断熱材等を使い、熱の伝わりの3要素(伝導、対流、放射)を起きにくくすることです。
そのためにさまざまな断熱材が現在使用されています。
断熱材は、熱を伝えにくい空気を閉じ込めて、断熱性能を得る材料で、断熱材選びが断熱性能に大きく影響してきます。






●進化した最新の高性能グラスウール

当社で使用しているグラスウールは、他の断熱材に比べ長い実績と高い断熱性能と安全性を実現しています。
しかも、同じ断熱性能になるような仕様で、硬質ウレタンによる外断熱工法と比較すると、大幅な低コストで施工できます。
次世代省エネルギー基準をクリアできる断熱材。







●劣化も少なくいつまでも快適

いくら高性能の断熱材でも、形が変化すると本来の性能や効果を発揮することができません。
発砲プラスチック系の断熱材は温度変化による収縮等の変化が起こってしまいます。

温度100度、湿度100%の高温多湿の環境で5時間放置したところ、他のプラスチック系断熱材には変形が見られましたが、グラスウールにはほとんど変化が見られませんでした。
長期間使用しても安定した断熱性能を発揮する、進化したグラスウールです。





●火にも強いので万一の火災でも家族と住まいを守ります

万が一火災が発生した場合、壁や天井に使用されている断熱材が可燃性であるか不燃性であるかによって、炎上や発煙の状況が大きく変わってきます。
特定不燃材料として認められているグラスウールは、ガラスを主原料としているため炎にも強く、有害ガスも発生しません。

燃焼実験の結果、プラスチック系の断熱材の中には有毒ガスを発生させながら燃え上がるものも有りました。
でも、グラスウールならその心配はありません。



●グラスウールはJIS認定吸音材料

高い吸音性能を活気するグラスウールは、JIS認定の吸音材料として、劇場の音響調整用おび防音パネル等の騒音対策材料としても幅広く使われております。
そのため、他の断熱材と比べ高い吸音、防音性能を発揮します。
これで、気になる「音の悩み」も解消できます。

あの大阪ドームにも吸音材としてグラスウールが使用されています。



●シロアリにも強い

住宅の大敵シロアリの食害を受けてしまうと断熱材に隙間ができ、断熱性能が大きく低下してしまいます。
ガラスを主原料とする無機質断熱材なので、シロアリの食害に強い断熱材です。

Copyright (c) 2007 株式会社村建ハウジング All nights reserved
むつ市村建ハウジングTOPへ